プリウス

プリウスの事故多い理由はなぜ?アクセルペダルやシフトレバーが原因か?

プリウスの事故多い理由はなぜ?アクセルペダルやシフトレバーが原因か?
Pocket

「プリウスミサイル」という言葉を聞いた事があるでしょうか??

一時期プリウスの暴走事故が相次いだ時にネット上で流行った言葉です。

今でも「プリウスは事故が多い車」と認識されている方が多くいらっしゃいます。

なぜプリウスは事故を起こしやすいと言われているのか?

今回の記事では、

  • 実際にプリウスの事故は多い?過去の事故事例から調査!
  • プリウスの事故率を保険会社の統計調査から確認!
  • なぜプリウスは暴走事故を起こすのか?原因はアクセルペダルとシフトレバーにある?

について書いていきたいと思います。

プリウスは本当に事故を起こしやすいデザインなのか?その原因はアクセルペダルとシフトレバーにあるのか?

原因をしっかりと確認し、楽しく安全にプリウスに乗れるように知識を付けていきましょう!

スポンサーリンク

 

プリウスに事故が多い理由はなぜ?過去の事故事例を調査!

プリウス関連の暴走事故を調べてみると、テレビのニュースで取り上げられて話題となった事故が多くありました。

中でも記憶に新しい5例を紹介したいと思います。

そして、保険会社の統計調査から「プリウスは本当に事故が多い車なのか?」を確認していきましょう!

 

プリウスは本当に事故が多いのか事故事例を紹介!

プリウスが起こした事故で社会的に大きな衝撃を与えた事故を5つ紹介したいと思います。

福岡県の病院での暴走事故(2016年)

福岡県の病院で、64歳のタクシー運転手が運転するプリウスが突然暴走し、10人の男女を巻き込んだうえで病院に飛び込みました。残念ながらこの事件では10人のうち3人に方が亡くなり、7人も重軽傷を負うという大惨事でした。
暴走したプリウスは86㎞/hまでスピードが出ていたそうです。

大阪市街での暴走事故(2016年)

大阪で起こった事故で、51歳の男性が運転していたプリウスが街中の人の群れに突っ込みました。この事故でははねられた通行人の男性が死亡し、運転手も死亡、また数人が重軽傷を負いました。

池袋での元通産官僚による暴走事故(2019年)

2019年4月19日、東京・池袋で旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が運転するプリウスが暴走。母親と幼い長女が亡くなり、飯塚元院長を含む10人が重軽傷を負った。事故を起こした飯塚氏が逮捕されなかった事で大きな社会問題になりました。

公園への暴走突撃事故(2019年)

2019年5月15日、千葉県市原市の公園にプリウスが突っ込んだ。この事故では、保育園児をかばった30代の女性保育士が右足首を骨折。運転していたのは65歳の男性だった。

スーパーマーケットへの暴走突撃事故(2019年)

2019年6月3日大阪市此花区伝法のスーパーマーケットに「ライフ此花伝法店」の南側の歩道に乗用車が乗り上げ、4人の方が病院に搬送された。運転していたのは80歳の男性。

記憶に新しく、社会に最も大きな影響を与えたのはやはり元通産官僚の暴走事故ですよね。

事故を起こした元通産官僚は未だに逮捕されずに、遺族を苦しめています。

事故って悲惨ですよね・・・

これらの暴走事故の記事を見ていると、共通する項目が見えてきます。

共通する項目として、「プリウス」「高齢ドライバー」「暴走」の3つがあります。

プリウスに乗った高齢ドライバーはなぜ暴走事故を起こすのか?

プリウスという車に問題があるのか?

確認していきましょう!

 

保険会社の統計からも確認!

プリウスの累計販売台数は、日本で192万台、世界で418万台を記録しています。

販売台数と事故件数が分からない限り、「本当に事故が多いのか?」という疑問には答えられません。

なので、車両別の事故率と、保険料率で見る事故発生率を確認し、「本当に事故が多いのか?」を確認していきましょう!

 

イギリスでの事故率について

日本の保険会社では車種ごとの事故率については公表していません。

車種別の事故率を公表している国として、イギリスがあります。

今回はイギリスで事故の多い車種ランキングを紹介したいと思います。

イギリスでは、2016年に車両別で1万台あたりの事故率の調査を実施しています。

この調査結果はなかなか衝撃的です・・・

それでは確認してみましょう。

GoCompare.com(イギリスの自動車保険サービス)調べ 車種別の事故件数

  1. TOYOTA PRIUS 111件(1万台あたり)
  2. CITROEN SAXO 106件
  3. BMW 330D 102件
  4. BMW 530D 85件
  5. PEUGEOT 106 84件

トヨタのプリウスが1位になっています。

ちなみにメーカー別のランキングでは、トヨタ全体での事故率は、1万台あたり53件でした。

プリウスの場合、1万台あたり111件となっているので、トヨタの他の車両の2倍近くの確率で事故を起こすという結果が出ました。

この結果は予想以上ですね・・・

プリウスが事故を起こしやすい車というのは本当かも知れません。

 

プリウスの事故を保険料率で見る事故発生率

ベストカーWebさんがプリウスの事故発生率を保険料率から検証されている記事が興味深かったので、紹介させていただきます。

保険料率とは?

保険料率の区分は1~9の9段階で、保険金支払の実績が少ない型式ほど数字は小さくなり、逆に保険金支払の実績が多い型式ほど数字は大きくなります。正確に言えば、保険金支払い額をその車に乗っている加入者数で割ったものが重要になってきます。

例えば同じ1億円が保険金として支払われたとしても、加入者が1万台のクルマなら1台あたり10万円平均だが、100台のクルマでは1台あたり1000万円にも膨れ上がり、100台のクルマのほうがリスクが高いということになる。

任意保険の料率クラスは、対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、車両の4項目があり、車両型式ごとの事故実績によって決められ、保険料の算出に適用される。
プリウスは事故率が高いから任意保険も高い、という認識を持っている人も多いと思う。プリウスは事故率が高く保険料が高いクルマなのか、ということを考察していく。

(ベストカーWebより抜粋 https://bestcarweb.jp/news/77965)

それでは歴代プリウスの保険料率と他車種(主要ハイブリッドセダン)の保険料率の比較を見てみましょう。

プリウスの事故多い理由はなぜ?アクセルペダルやシフトレバーが原因か?

プリウスの事故多い理由はなぜ?アクセルペダルやシフトレバーが原因か?
(出展:https://bestcarweb.jp/news/77965)

区分けの目安としては、5が中間で6~9が高値ゾーン、4~1が安値ゾーンということを考えると、プリウスはそれほど高くないことが分かりますね。

しかし、トータルで支払われた保険金を加入者で割るということで、加入者が多いプリウスは、事故件数が多いというのは事実だと言えますね。

プリウスの保険料率を上げている原因として、ベストカーWebさんでは以下の仮説を立てられています。

  • プリウスは盗難被害が多いから(2014~2017年は4年連続で最も盗難被害が多い)
  • 事業用の車(社用車)として使われる事が多いから

事故に加えて盗難被害の多さが保険料率を上げているというのは納得できますね。

社用車の事故件数は家庭用車の8倍というデータがあります。

よって、社用車として多く使われているプリウスの事故率の高さはプリウス自体に問題があるのではなく、社用車の事故率の高さとリンクしていると言えます。

保険料率から見てみると、プリウスが事故を起こしやすい車とは言い難いですね。

プリウス自体の悪さではなく、プリウスが人気で販売台数が多い事が相まって事故率が上昇していると推測できますね。

スポンサーリンク

 

プリウスに事故が多い理由はアクセルペダルやシフトレバーに原因が?徹底解説!

ここまでで、「プリウスは特別事故が多い車ではない」という事が分かって来ましたが、多くの暴走事故が発生しているのは事実です。

ではなぜ、プリウスは暴走事故を起こしてしまうのか?

Twitterなどのコメントを見てみると、「アクセルペダルの問題」と「シフトレバーの操作性の問題」が事故の背景にあるのではないかと噂されています。

プリウスの事故の背景にある、

  • アクセルペダルの問題
  • シフトレバーの操作性の問題

これらについて順に確認していきましょう!

 

プリウスのアクセルペダルの問題を解説!

Twitterに上がっていたプリウスのアクセルペダㇽに関する問題点をまとめてみました。

男性
男性
プリウスで誤操作による事故が多いのは、プリウスの特徴として、 ・ハンドルが軽い ・アクセルが軽い といった、運転感覚を感じ取りにくい車になっているので、自分が今アクセルを踏んでいるのかどうかが分からなくなりやすいものと考えられます。
女性
女性
何をするのにも「ふわふわ」して。 「あれ、自分は今アクセルを踏んでいるんだよね?」 「ハンドルを回しているんだよね?」 なんか、「運転している」という感覚が乏しかったです。
男性
男性
プリウスってペダルが全体的に左寄りにあるのでとっさに踏むのがアクセルになるんだと思うんだよね。こんなけ重大事故起こしとるんだからトヨタはいい加減対応して欲しい。シフトもペダルも。
男性
男性
74歳の老人でプリウス運転しています。アクセルとブレーキの位置は、確かに慣れないと、少し危険かなあと思う。慣れの問題です。夜は運転しないし、歩行者最優先のゴールド免許証保有者です。

プリウスのアクセルペダルに関する問題点をまとめてみました。

プリウスのアクセルペダルに関する問題点

  • アクセルペダルが軽く、操作感が乏しい
  • ペダルが全体的に左寄りで、とっさに足を出すとアクセルになる

この2点がプリウスのアクセルペダルに関する問題だと思います。

アクセルペダルに関しては操作性の向上や運転での疲労を軽減するために軽くしたのではないかと思われます。

ペダルの位置については車によって違うと思うので、何とも言えませんね。

Twitterコメントで最後に紹介した74歳の方が仰っている事が答えなような気がします。

「少し危険かなぁ。と思うけど慣れの問題だと思います。」

正にその通りだと私も思います。

車の操作に慣れるまでは細心の注意が必要です。

「慣れてなくて危険だなぁ」と感じるのであれば、余計に安全に気を配り、プリウスの操作感に慣れるべきだと私は考えます。

まぁ、アクセルペダルが重たい車であれば暴走事故の被害を軽減する事はできると思いますが、アクセルペダルの重い車になんか乗りたくないですよね(笑)

Twitterで言われているアクセルペダルの問題が、暴走事故に繋がっているとは言えないと思います。

 

プリウスのシフトレバーの問題を解説!

続いてシフトレバーの操作性の問題についてTwitterに寄せられたコメントから問題を探ってみましょう。

女性
女性
プリウスシフトレバー、「D」と「R」の位置って逆の方がいいのでは? 高齢者の方などがバックするときに「バックだから後ろ方向=下側に」ってレバーを動かしちゃいそうな気がした…
男性
男性
プリウスシフトレバー あれはMT乗った経験のあるご老人には 咄嗟の場合、正確な操作出来ないですよ。 プリウスは老人に売ってはダメだ!
男性
男性
今自分がどのギアに入れているかを判別するのは速度計横のモニターのみ。見ないと不安になるぐらい分かりにくい。老人がミスるのもなんとなく理解できる。

プリウスのシフトレバーに関する問題点をまとめてみました。

プリウスのシフトレバーに関する問題点

  • シフトレバー、「D」と「R」の位置は逆の方が良い
  • シフトレバーを見ても、どの位置にシフトされているか分からない

プリウスのシフトレバーは上の写真にもある通り、シフトを入れた後レバーは中央の位置に戻ります。

シフトレバーの部分を見ても、今どのシフトに入っているかは分かりません。

当たり前ですが、センターパネルには現在のシフトポジションが表示されています。

手元でシフトポジションを確認出来ないことがそんなに問題なのでしょうか・・・

シフトレバーの「D」と「R」の位置に関しても、プリウス以外のAT車でも「N」の位置から前に倒すと「R」で後ろに倒すと「D」になります。

プリウスと一緒です。

確かに、「前に進むんだから前に倒したら「D」の方が良いだろ!」と言いたい気持ちは分かります。

しかし、前に倒したら「D」の車が生まれたら、間違いなくシフトの入れ間違いによる暴走事故が増えると思います・・・

このシフトレバーの問題に関しても、暴走事故に繋がる原因ではないのかなと思います。

 

プリウスの事故が多い理由まとめ

私の見解にはなりますが、プリウスのアクセルペダルやシフトレバーには問題は無いと思います。

事故の原因は運転者にあると思います。

暴走の原因は車の故障でない限り、ブレーキとアクセルの踏み間違え、シフトの入れ間違えです。

いわゆるヒューマンエラー、ポカミスと言われるやつですね。

加えて高齢になると暴走時の判断が遅れ、咄嗟にブレーキが踏めずに大惨事になっていると考えられます。

アクセルペダルもシフトレバーも快適性や操作性など、乗る人の事を考えた仕様です。

その仕様に合うか合わないかはあると思うので、合わない人は乗らない方が良いでしょう。

でも、車なんて毎日乗っていれば操作には慣れます。

慣れるまでの期間を危機感を持って慎重に運転できるかが重要だと思います。

車を買う前にはしっかりと試乗して、使い勝手を確認する事が大事です!

そして、高齢者の方が車に乗らなくても生活できるような公共の交通機関の充実や家族との連携が取れればいいんですけどね・・・

まぁ、そんな事を言ってもどうしようもないので、安全運転を心がけるしかないです!

 

まとめ

ここまで「なぜプリウスは事故が多いか?」について事故事例の確認と保険会社の統計調査から「本当に事故が多いのか?」について確認して来ました。

そして、「なぜプリウスは事故を起こすのか?」について事故の原因がアクセルペダルやシフトレバーなどに問題があるのかを確認して来ました。

結果として、プリウスは確かに多くの事故を起こしている事は間違いありません。

しかし、プリウスの販売台数が多い事が相まって、事故率が上昇しているという事も分かりましたね。

そしてプリウスの事故の原因は決してアクセルペダルやシフトレバーが原因ではなく、ヒューマンエラーが原因だと私は考えます。

トヨタが生んだ世界的な名車プリウスに対して「プリウスミサイル」と貶すのはどうかと思います。

車にしろ何にしろ、使う人間次第で良くも悪くもなります。

プリウスの特性をしっかりと把握した上で乗れば、プリウスは乗り手や環境に配慮した素晴らしい車だと思います。

どんな車に乗る時も、慣れるまでは必要以上に安全に気を配って運転しましょう!

スポンサーリンク