ワゴンR

ワゴンRのエンジンオイルおすすめ種類はある?交換時期や確認方法についても説明!

ワゴンRのエンジンオイルおすすめ種類はある?交換時期や確認方法についても説明!
Pocket

ワゴンRのエンジンオイル、そろそろ交換時期ではありませんか??

エンジンオイルは交換時期を守ってきちんと交換をしなければ、エンジンが壊れてしまうかもしれません・・・

今回の記事では、

  • エンジンオイルの交換時期っていつなの?
  • エンジンオイルってどうやって確認するの?
  • ワゴンRにおすすめのエンジンオイルの種類は?

について紹介していきたいと思います。

交換時期を知るためにも、まずはエンジンオイルの確認方法を身に付けましょう。

最後にはワゴンRにおすすめのエンジンオイルを何種類か紹介したいと思いますので、是非最後まで見ていって下さい。

スポンサーリンク

 

ワゴンRのエンジンオイルにおすすめの種類を紹介

ここまでで、エンジンオイル交換の時期や確認方法、エンジンオイル交換の重要性などを確認してきました。

ここからはワゴンRにおすすめのエンジンオイルを紹介していきたいと思います。

エンジンオイルを交換する事で燃費の改善や走行性能の向上などが期待出来ます。

自分にニーズに合ったエンジンオイルを選択する参考にしてみて下さい!

 

ワゴンRにおすすめのエンジンオイル

口コミ評価の高いおすすめのエンジンオイルを3点紹介したいと思います。

 

モリグリーン ガソリンエンジンオイルセレクション

内容量:4ℓ

粘度:5W-30

ベースオイル:科学合成油VHVI

価格:2,177円(Amazonにて)

【特徴】

市街地走行からロングドライブまで省燃費を重視した化学合成オイル
オールシーズンで使用できます。
オイル劣化を抑え長期間性能を維持します。
エンジン内部の潤滑部分の抵抗を抑え、省燃費に貢献します。

男性
男性
3000~5000kでこまめにオイル交換をするなら、オイルグレード的にこのオイルは十分過ぎます。
コストパフォーマンスも最高です。
男性
男性
今までカーショップ等でおまかせでオイル交換していましたが、今回このオイルを購入し自身でオイル交換をしてみました。ビックリしました、エンジンが静かになり。アクセルを踏むと滑らかな吹け上がり・加速も良くなり・燃費も多少伸びたと思います。以前カーショップのオイルは何だったでしょうか?
価格も納得いく商品です。
とても良い。

 

カストロール エンジンオイル GTX DC-TURBO

内容量:4ℓ

粘度:10W-30

ベースオイル:鉱物油

価格:2,211円(Amazonにて)

【特徴】
DOHC(ツインカム)、ターボチャージャーなどを装備した高出力・高性能エンジンにも対応したエンジンオイル。
■ 卓越した耐熱性能を持つので、ターボ車など高出力・高性能エンジンにも
安心してご使用いただけます。
■ 摩擦軽減剤の配合により、エンジン内各部の金属摩擦抵抗を軽減します。
■ 20年以上に亘るロングセラー商品です。

男性
男性
鉱物油でこの性能はすごいと思います。当方の車は昔のものですのでいつもこちらの商品を使用しています。以前、鉱物油はオイルシールにも優しいと聞いたことがあります。車に長く乗る方ですのでとても気に入っています。
男性
男性
ホームセンターでの定番のセール品ですね。
4L1680円程度で購入できるオイルです。
性能は純正オイルとの交換でもあまり変化は感じないので合格点です^^

 

Mobilエンジンオイル モービル1

内容量:4ℓ

粘度:5W-30

価格:4,322円(Amazonにて)

【特徴】
モービル1 5W-30は、エンジンを最適な状態に保ち、エンジン寿命の延長に貢献するよう設計されています。低摩擦特性に優れたこのエンジンオイルは、最新の省燃費規格ILSAC GF-5に適合し、燃料の消費を抑え、二酸化炭素の排出削減に貢献します

男性
男性
従前は純正の0w-20を入れていましたが
ガタガタとエンジン音が気になってイライラしていました
しかし、このオイルを入れてみたらピタリと止みました。
低い気温の時は多少の暖機運転が必要だと思いますが
(走り始めが重い感じ)
油温が多少上がれば快適に走ってくれます。
燃費も上がり快適です
軽自動車にはもったいないと思いましたが入れて正解だったと思います。
男性
男性
今までいろいろなエンジンオイルを入れてきましたが、どれも5000kmになる前にはエンジン音がうるさくなっていました。2019年5月に初めてモービル1 5w-30を入れたのですが、5000kmを過ぎてもエンジンは快調そのもの。

 

オイルを決める時には粘度が重要になってきます。

粘度はオイルがサラサラかドロドロかを数値で表したものです。

ワゴンRに関しては、5W-30か10W-30という粘度のオイルを選択するのがいいと思います。

今回はお手頃なオイルを2種とグレードアップを考えたオイルを1種紹介しました。

モリグリーンとカストロールGTXはお手頃価格でオイル性能もそこそこ高いオイル。

モービル1は値段は少々お高めですが、オイル性能も価格に応じて高いオイルです。

高いオイルを入れれば良いという訳でもないので、自分に合ったオイルを選択していきましょう。

 

エンジンオイルの交換にかかる費用はいくらぐらい?

最後に、オイル交換の費用の確認をしていきましょう。

お店で交換した場合と自分で交換した場合の価格を見てみましょう。

お店で交換する場合

エンジンオイルの種類にもよりますが、およそ2,000円~5,000円といったところです。

内訳はエンジンオイル代+工賃です。

エンジンオイルの交換はディーラー、カー用品店(オートバックスなど)で交換をしてくれますし、ガソリンスタンドでも対応してくれます。

交換時間は20~30分ぐらいでしょう。

お店にエンジンオイル交換の予約をするのがベストですが、エンジンオイル交換であれば作業時間が短いので、飛び込みで行っても対応してくれると思います。

 

自分で交換する場合

自分で交換するのであれば、基本的にはオイルの代金だけです。

必要なものとしては抜いたオイルを受ける容器、抜いたオイルを処理するオイル凝固剤、オイルを拭き取るタオルなどが必要になってきます。

エンジンオイルは車に詳しくなくても交換はできます。

Youtubeなどに交換の手順動画が沢山あるので、見ながらやればできるでしょう。

自分でエンジンオイル交換をすれば費用的なメリットはあります。

しかし、エンジンオイルの交換作業は汚れるし、何より廃油の処理が大変です。

ちなみに私は毎回お店で交換してもらっています。

オイル交換の手間、廃油の処理を考えたら、お店の工賃って凄く安いな。

と、私は感じます。

なので、エンジンオイル交換はお店で交換の一択です(笑)

スポンサーリンク

 

ワゴンRのエンジンオイルの交換時期と確認方法

まずは、エンジンオイルの交換時期と確認方法を勉強していきましょう。

そして、エンジンオイルの交換をサボる事で引き起こされる最悪の結末について確認していきましょう・・・

 

エンジンオイルの交換時期っていつなの?

ワゴンRのエンジンオイル交換時期は、下記を目安に交換していきましょう。

・ターボ車:5,000kmまたは6ヶ月
・普通車:10,000kmまたは6ヶ月

ターボの有り無しで交換時期が違ってきます。

ターボ車は走行性能は上がりますが、エンジンオイルの消費・劣化が早くなるので、交換時期も早くなります。

お店でエンジンオイルを交換をしてもらっている人であれば、「エンジンオイル交換ステッカー」というシールに交換日の目安を書いてくれています。

エンジンオイル交換ステッカーは車の目立たない所(運転席のドア周りなど)に貼られているので、確認してみましょう。

 

オイルランプ(油圧警告灯)について

ワゴンRの運転席のスピードメーターがあるパネル部分に、「オイルランプ」があります。
(オイルランプのマーク:容器からオイルが1滴垂れている絵)

基本的にはこのオイルランプが点灯した時点でオイル交換をすればいいのですが、オイルランプはかなり酷い状態にならなければ点灯しません。

なので、オイルランプが点灯した時にはエンジンが壊れていた・・・なんて事もあります。

オイルランプは最終警告です。

自分でオイル交換の管理をする事が重要です。

交換時期が分かったので、続いてはエンジンオイルの交換が必要かの確認方法について説明していきたいと思います。

 

エンジンオイルってどうやって確認するの?

エンジンオイルの確認は以下の手順で行います。

確認するポイントが2つです。

エンジンオイルの確認手順

  1. エンジンを切り、ある程度時間を置く
  2. ボンネットを開ける
  3. オイルレベルゲージを引き抜く。
  4. オイルレベルゲージに付着したオイルを拭き取る。
  5. 拭き取ったオイルの色(どす黒くないか?)を確認 (確認①)
  6. オイルゲージをもう一度差し込む。
  7. そしてもう一度引き抜く。
  8. オイルの付着がFとLのマークの間にあるか確認 (確認②)
  9. オイルゲージを元に戻し、ボンネットを閉めて終了

(確認①)でオイルの劣化具合を確認します。黒くなっていたらダメです。

(確認②)でオイル量を確認します。Lより下なら少なく、Fより上なら入れすぎです。

上で書いた交換時期が近づいた時に加えて、遠出する時や高速走行をする前などにエンジンオイルの確認をしましょう。

オイルの確認はゲージを引っこ抜くだけなので、車に詳しくない人でも行えると思います。

定期的な確認は車の突発的な故障を防いでくれるので、しっかりとやっていきましょう。

 

オイル交換をしないとどうなるの?

エンジンオイル交換をせずに放置しておくと、最終的にはエンジンが故障してしまいます。

最悪の場合、エンジンの内部で焼き付きが発生し、車両火災になる場合も!

オイル交換をしなければエンジンが不調になり、突然のトラブルを引き起こします。

車のトラブルって嫌ですよね・・・

そんなトラブルを起こさないためにも、面倒ですがエンジンオイルの確認・交換はきちんと行っていきましょう。

 

まとめ

ワゴンRのエンジンオイルおすすめ種類はある?交換時期や確認方法についても説明!

ここまで、ワゴンRのエンジンオイルの交換時期と確認方法、おすすめのエンジンオイルの種類を紹介して来ました。

エンジンオイルは交換してからだいたい半年が経過したら、一度エンジンオイルの色と量の確認をしましょう。

そんなに面倒な作業でもないですし。

自分でするのが面倒であれば、ガソリンスタンドに行った際に店員さんに確認をお願いしてみましょう。

快く引き受けてくれるでしょうし、交換時期であればそのまま交換してもらえばいいと思います。

エンジンオイルは重要な車の部品の一部です。

エンジンオイルの良し悪しで車の性能や燃費にも影響を与えます。

交換の際には今回おすすめした3種類のエンジンオイルを参考にしていただき、グレードアップも検討してみてはいかがでしょうか?

大切なワゴンR、長く乗れるようにしっかりとメンテナンスしていきましょう!

スポンサーリンク