ジムニー

新型ジムニーの評価・評判と口コミが良すぎる!その理由を徹底分析!

Pocket

2018年7月にフルモデルチェンジして登場し、各方面から高い評価・評判と良好な口コミを得ている、

スズキ「新型ジムニー」

人気は衰える気配がないどころか、今でも長い納車待ちになっています。

納車まで2019年3月現在でも軽4駆の「ジムニー」で約1年、小型車「ジムニーシエラ」に至っては約1年半はかかります。

これでも最盛期に比べれば短くなりました・・・
(最盛期はジムニーシエラで約3年待ち!)

昨今のSUVブームの中でも評判の高い「ジムニー」、この車が評価される要因とは何なのでしょうか?

口コミサイトの口コミ評価を参考にしながら、その要因を紐解いていきたいと思います。

この記事でわかること
  • ジムニーの歴史や特徴について
  • 新型ジムニーのエクステリアの評価・評判と口コミ
  • 新型ジムニーのインテリアの評価・評判と口コミ
  • 新型ジムニーの走行性能の評価・評判と口コミ
  • 新型ジムニーの燃費の評価・評判と口コミ

 

ジムニーはなぜ評価・評判が高いのか?その歴史を紐解いていく


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/?data=b)

ジムニーの評価・評判について、まずはこれまでの歴史からその要因を探っていきましょう。

また、現在の最新ジムニーの特徴も一緒にご紹介していきます。

 

ジムニーの歴史

ジムニーの歴史は下記のようになります。

  • 1970年に初代モデルがデビュー
  • 1981年に2代目がデビュー
  • 1998年10月に先代の3代目ジムニーがデビュー

以後20年間に渡り基本設計に変更がないまま生産が続けられるロングセラーモデルとなっています。

特筆される点として、モデルチェンジのスパンが非常に長い事があげられます。

現行は4代目で、3代目が製造されてた期間は1998年~2018年であり、実に20年の長きにわたり製造されていました。

初代の登場が1970年、4年に1度のサイクルが多い日本車にあって、12代目ぐらいでもおかしくないのに未だに4代目である事は非常に特異な点です。

そして2018年7月、ついに4代目となる新型ジムニー/シエラが発売となりました。

 

4代目ジムニーシエラの特徴:デザイン

初代モデルからの伝統であるラダーフレームシャシーと4輪リジッドサスペンションを踏襲し、同クラスでは随一の悪路・雪路走破性を持つ車種となっています。

外観は2代目に近いスクエア形状のボディとなったほか、丸形のヘッドランプは初代や2代目から。

同じく丸型で独立配置されたターンランプ(ウィンカー)は初代から、5スロットグリルは3代目(3型まで)からと、歴代モデルのデザインが採り入れられています。

 

4代目ジムニーシエラの特徴:安全性

昨今のマストアイテムである安全装置にももちろん手を抜いていません。

  • 衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」
  • 誤発進抑制機能(4ATのみ)
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

など、様々な最新技術の安全・便利装置が採用されてます。
(グレード、メーカーオプション設定によります。)

さて、それではジムニーオーナー様の口コミ評価を参考にしながら、ジムニーの高評判の理由を探っていきましょう。

 

ジムニーの口コミ評価・評判 <エクステリア>


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/?data=b)

まず最初に見ていきたいのが、ジムニーのエクステリアについてです。

先ほどの特徴でも少しお伝えしましたが、ジムニーはこれまでの歴代ジムニーのデザインを取り入れてジムニーらしさを残しつつ、現代的なエクステリアに仕上げています。

 

ジムニーのエクステリアについて良い意見と悪い意見

【良い意見】

  • 今時珍しい空力を考慮しない思い切ったスクエアなデザインが見る者の視線を引き付ける。
  • メルセデス・ベンツのゲレンデヴァーゲンに似てる!
  • リアは鉄板むき出しで、武骨な印象に好感が持てる。
  • やや高めな座面により視界見切りの良さが抜群な点がGOOD!
  • カラーも全部で9色と豊富で、料金追加で2トーンにすることも可能でGOOD!

【悪い意見】

特にありません。

 

ジムニーエクステリアの口コミ評価・評判まとめ

ジムニーの見た目で悪い点を挙げる口コミはほぼなく、誰もがカッコイイと思えるエクステリアは、この車の最大のメリットと言えます。

時代の流行にとらわれない角張ったボディは街中で目を引くこと間違いなしです。

購入者の多くはこの見た目を評価して、購入に踏み切った方が多いです。

 

ジムニーの口コミ評価・評判 <インテリア>


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/?data=b

続いてはジムニーのインテリアについての評価・評判や口コミを見ていきます。

軽自動車だからと侮るなかれ、ジムニーの人気の秘密はこのインテリアにも隠されているんです!

ジムニーのインテリアについて良い意見と悪い意見

【良い意見】

  • 高級志向とは真逆のシンプルイズベストな内装であり、道具感が溢れている。
  • 見た目はコンパクトな印象だが、運転席・助手席は決して窮屈な事はなく、女性から男性までゆったりと座る事が出来る。
  • ステアリングも軽くて操作性に優れている。ステアリングにはラジオや音楽再生関連の
  • ボタン、クルーズコントロールのボタンも設置され、運転しながら操作ができる。

 

【悪い意見】

  • インテリアがチープで質感が低い。
  • 運転席のスペースは確保できているが、シートをドライビングポジションに合せたら後席は足を入れられない程狭くなる。

 

ジムニーインテリアの口コミ評価・評判まとめ

ジムニーのインテリアには賛否両論あり、チープな内装を遊び心があると捉えるか、質感が低いと感じるかは捉え方次第と感じました。

運転・助手席のスペースは確保されているが、後部座席は「座れなくはない」といったレベルであり、後部座席にゆったりと座ることは期待できません。

基本2シーターで後部スペースは緊急座席、荷物の積載用と割り切れば問題無いかと思います。(室内空間を売りにしている車ではないですしね。)

 

ジムニーの口コミ評価・評判 <走行性能>


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/?data=b

【良い意見】

  • さまざまな環境にも耐えうるジムニー伝統のラダーフレーム構造は、本格4WDの証!
  • 悪路では水を得た魚状態です。路面状況に応じて2WDから4WDまで自由に変更でき、どんな天候や悪路でも走ることが可能です。
  • 市街地における運転のし易さも良く、街乗りや通勤からアウトドアまで幅広く利用できています。
  • 安全装備が充実している。

 

【悪い意見】

  • 高速道路での走行は、時速80km/h以上では安定しておらず、少し怖い。
  • このぐらいの速度ではもう少し安定感が欲しい・・・
  • ハンドルを握っている運転手はともかく、助手席や後ろの席に快適性は無し。
  • ホイールベースが短いので、平地でもまっすぐ進むには常にハンドルを意識する必要がある。

 

ジムニー走行性能の口コミ評価・評判まとめ

お得意の悪路走行では高評価が多く、市街地走行でも概ね高評価という印象でした。

平日は奥さんが子供の送り迎えや買い物、休日はオフロード走行をする旦那さんの玩具と言った風に、幅広く使用できる点は良いです。

しかし、オフロード車という特性上、高速走行には向いていません。

向き不向きをしっかりと認識し、用途を理解すれば、走行性能に不満は出難いのではないかと感じます。

 

ジムニーの口コミ評価 <燃費>


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/?data=b

【良い意見】

  • 6~7㎞/l 最早気にしたら負けです。
  • 片道12キロの通勤でリッター12㌔(山坂道あり)、高速道路で16㌔
    この形でATでこれだったら上出来じゃないでしょうかね。
  • やっぱりジムニーw他現行軽よりは悪いが、前の型よりは良いし、気にしてはいけない。

 

【悪い意見】

  • 夏にエアコンを入れるとパワーダウン&燃費悪化が顕著。
  • あまり期待はしません。リッター10㎞を超えれば万歳。

 

ジムニー燃費の口コミ評価・評判まとめ

ジムニーの燃費については、他の軽自動車と比べるとどうしても見劣りします。

カタログ燃費では5MT:16.2㎞/L、4AT:13.2㎞/L となっていますが、実際の口コミ評価を見てみると、5MTで約14㎞/h、4ATで約10㎞/hという意見が多かったです。

軽自動車として見ると物足りなさを感じますが、実燃費ではN-BOXなどと比べて大きな違いはありません。

燃費を重要視する人が乗るような車ではなく、4ATで約10㎞/hという事で及第点を上げていいのではないでしょうか。

 

まとめ


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/?data=b

ジムニーオーナー様の口コミから、ジムニーが高い評価・評判の理由は以下の4つであると推定しました。

  1. 見る者の視線を引き付ける四角い外観
  2. 道具感溢れるシンプルな内装と広々とした運転席
  3. 伝統のラダーフレーム構造を備えた本格4WD
  4. 街乗りからオフロードまで、幅広い用途で活躍できる走行性能

ジムニーオーナー様がジムニーに求めるものは、

「移動するための手段ではなく、移動そのものを楽しむ車。」

であると感じました。

目的を間違わなければ、期待を裏切られる車では決してないと思います。

評価や評判の高さは、長~~い納期が一番表しているようにも感じますね。 (笑)

この納期を待てる程、ジムニーという車は多くの人に好かれ、待ち焦がれられている素晴らしい車であると感じました。

ジムニーに乗って、走る喜びを感じたいですね!

今の車を高く売って次の新車のオプションを追加できる知られざる方法
Pocket

今の車の買い替えを検討しているなら、読まないと10万円は損します

「フィット 一括査定」などで検索すると、ほとんど買取業者のサイトが出てきて信じられない・・・なんてことありませんか?

一般人の書いたサイトはほとんど出てこないし、どの業者のサイトも「自分達が一番高く買い取る」と書かれている。

当たり前ですが、買取業者は自分たちが良いようにしか書かないですからね・・・

車を売るとき、買取業者は多くの場合にあの手この手を使って安く買い叩こうとするのが一般的

今回はそんな悪どい買取業者に騙されず、車を10万円は高く売る方法を紹介します。

それは買取一括査定の中から楽天Carオークションを利用する方法

こまり太郎
こまり太郎
車売りたいけど、1万円でも高く売りたいんだよなぁ。
買取一括査定とか実際のとこどうなの?やってみた人のガチの感想を知りたい。

これまで僕は車の買取の一括査定を5回経験しました。

初めての売却では色々騙されて、相場より10万円ほど安く買い叩かれる苦い思いを経験し・・・

ただ、その経験を無駄にせず、今回ご紹介する方法では当初の見積もりから35万円も想定より高く売れたのです。

↓実際の写真↓

走行距離21万km正規ディーラーの下取り査定は15万円だった2013年式フォレスター

当初の査定より35万円UPって、普通に考えてすごくないですか?

ちなみに、今回約50万円で売れたフォレスターでしたが、買取業者の限界は30万円ちょっとでした。

本当に危ない・・・

車を売るのが初めての人でも、誰でも簡単にこの方法が使えますので、ぜひ試してみてください。

\僕の車が35万円高く売れた理由とは?/

買取業者に騙されず愛車を高く売る方法について、詳細に知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

RELATED POST
【情報解禁】愛車を騙されず簡単に35万円以上高く売る方法はこちらから
初心者でも35万円高く売る!
【情報解禁】愛車を騙されず簡単に35万円以上高く売る方法はこちらから
初心者でも35万円高く売る!