ジムニー

新型ジムニーの室内は広い?狭い?後部座席も含めて画像で紹介!

新型ジムニーは室内空間が狭い?広さはどうなの?
Pocket

20年ぶりのモデルチェンジを果たしたジムニー。

発売からそろそろ2年が経過しますが、人気は衰えることなく、今でも納車に約1年かかるという大人気状態を維持しています。

そんな新型ジムニー、個性的な角張った外観に目がいきますが、そう言えば内装ってどうなってるの?広さはどのくらい?狭いの?

この記事ではそんな疑問に答えていきたいと思います。

最近の軽自動車は室内の広さを売りにしている車が多くあります。

実際のところ、新型ジムニーの室内は広さはどうなのか、狭いのか?という疑問について確認していきましょう。

 

新型ジムニーの室内空間の広さは狭い?広さは?<座席編>


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/interior/)

まずは、座席(運転席、助手席、後部座席)の空間について確認していきましょう。

軽自動車とは言え広い車は広いですし、ジムニーはどうなのでしょうか。

 

運転席・助手席

運転席・助手席は決して窮屈な事はなく、女性から男性までゆったりと座る事が出来ます。

最近の軽自動車らしく、ゆったりとした空間が確保されているのがいいところですね!

ここは相当体が大きいお相撲さんのような人でなければ、不自由なく快適に運転ができるでしょう。

ゆったりと運転できるので、長距離運転していても大丈夫でしょう。

念のためディーラーで実際の広さを体験してみることをおすすめしますよ!

 

後部座席

後部座席は、はっきり言って狭いです。

後部座席は「座れなくはない」といったレベルであり、後部座席にゆったりと座ることは期待できません。

しかし、平均的な日本人男性の体格(身長170㎝体重60㎏)の人が後部座席に2人無理なく座れるかと言えば座る事はできます。

街乗り程度であれば問題ないかと思いますが、遠出は無理です。

目的地に到着する頃には疲労困憊です。

後部座敷に座るのが、小柄な女性であればもちろん問題無いとは思います。

当たり前ですが、乗る人の体格を考えて、シートを前後させ、座り方を工夫すれば楽に乗れる方法はあると思います。

昨今の室内空間を売りにした軽自動車は誰がどの位置に座ってもゆったりと座れるでしょうが、ジムニーはそもそも人がゆったりと乗る事をコンセプトに据えていないので、ゆったりと乗るには工夫をしなければいけません。

そうは言っても、体格の良い男性4人が乗り方を工夫して乗るような車ではないと思います(笑)

基本2シーターで、後部スペースは緊急座席、荷物の積載用と割り切る方が良いのではないでしょうか。

 

新型ジムニーの室内空間の広さは狭い?<ラゲッジスペース編>

続いてはジムニーのラゲッジスペースの広さについて見ていきたいと思います。

ジムニーが好きな人はアウトドア好きが多いので、ラゲッジスペースはどれくらいの広さなのかを細かく画像付きで見ていきたいと思います。

 

ラゲッジスペースの寸法


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/luggage/)

ジムニーのラゲッジスペースの寸法をSUZUKIの公式HPから借りてきたので、確認してみましょう。


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/luggage/)

間口はかなり広いですね。荷物の積み下ろしが非常に楽に行えます。

一見すると奥行きも980㎜と、奥行きがあるように思いますが、これはもちろん後部座席を収納した時の寸法ですので、あしからず。

はっきり言って、後部座席を倒さない限り、大きな荷物を積むことは難しいです。

スーパーに買い物にいったレベルの荷物を積む事は可能です。

一方で、大きさにもよりますが炊飯器を買って後部座席を出した状態のラゲッジスペースに入れようと思うと難しいと思います。

 

ジムニーで旅行に行けるのか?


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/luggage/)

ジムニーはアウトドアのイメージが強くお出かけをしたくなる車ですが、遠出の旅行などは向いてるのでしょうか?

結論から言うと、2人までの旅行であれば全く問題ないです。

2人で旅行に行く場合は後部座席を倒せば荷物をかなりのボリュームで載せる事は出来ます。

一週間くらいでも十分な荷物を載せることができるでしょう。

しかし、4人旅行は無理でしょうね・・・。(着の身着のままというのは別にして)

どう考えても荷物が載りきりません。

しかし、2人旅行であれば、後部座席を倒してラゲッジスペースを最大限に利用できるので、ゆったりと荷物を載せる事が出来ると思います。

更に、シートをフルフラットにする事ができるので、車中泊にも向いていると思います。

1人で寝る分にはゆったりと寝れます。

標準的な体格であれば、2人でもゆったりとはいかないまでも、問題無く寝られる広さですね。

 

ジムニーの室内空間狭いのか広さについてTwitterの声

Twitterで新型ジムニーの広さについて調べてみましたが、予想を上回って「広い」という意見が多かったです。

後部座席を倒すことでかなりの広さが確保されるようですね!

高さもちょうどよく、購入者の広さについての満足度は非常に高いようです。

 

新型ジムニーの室内空間の広さは狭い?<まとめ>


(出展:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/)

ここまで、新型ジムニーの室内空間の広さは狭い??という疑問に対して答えてきました。

最後にポイントをまとめていきたいと思います。

  • 運転席、助手席については十分な広さが確保されているので、1~2人乗りであれば快適にドライブができる。
  • 後部座席は大人が座れない程狭いという訳ではありませんが、窮屈である事は間違いない。
  • 後部座席は座る事を目的とするのではなく、急に誰かを乗せなければならなくなった時の緊急シートと捉えるべき。
  • ラゲッジスペースは、後部座席を倒す前提であれば、十分なスペースが確保できている。
  • シートをフルフラットにする事で大人2人で車中泊することも問題無くできる。

ジムニーは移動のためだけに乗る車ではありません。

快適な移動、広い室内、多くの荷物が載せられる等の点に重点を置くのであれば、ジムニー以外の軽自動車を選択すべきです。

ジムニーは移動を楽しむ、走る事を楽しむ車です。

なので、室内はジムニーとの一体感を高めるためにあえてコンパクトになっているのではないかと思います。

でも、狭苦しくて身動きをとるのも窮屈だ・・・という程では無く、移動を楽しむ、遊びを楽しむための室内は十分に確保されています。

ジムニーの用途を間違わなければ、十分広な室内が確保されていると思います。

そんな、出かけたくさせてくれる車、目的地への到着までも楽しめる車。

相棒のジムニーと楽しく快適なジムニーライフを満喫しましょう!

RELATED POST